スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Quake Live βテスト版をちょこっとやってみた 

無_

8ヶ月ぐらい前に応募したQuake Liveのクローズβテスト当選通知が来てたので早速やってみた。
もう応募したことすらすっかり忘れてたよ!

ちなみにQuake Liveというのは、対戦系FPSでは人気の高くてe-sportsの競技種目に選ばれることも多いQuakeシリーズのうち、特に対戦に特化した3作目「Quake3」をブラウザ上でできる無料FPSとしたリメイク版のこと。
ちなみにブラウザで動くだけのベタ移植ではないようで、まずグラフィックはちょっとやった感じQuake3の使い回しではなくかなり作り直されているようだ。またチュートリアルモード実力を分析して同じ実力帯のプレイヤー同士の対戦を起こりやすくするマッチングシステムなどを搭載して、一般的に超上級者しか遊んでおらず完全に初心者お断り状態になっているスポーツ系FPSの裾野を広げようとしているのも特徴の一つである。


というわけで、早速メールで届いたキーを使ってアカウントを作る。色々インスコ。ちなみに使用ブラウザはFirefoxですが一切問題は発生しませんでした。
アカウントのプロフィール変更画面を見ると、プレイヤーモデルの変更以外にもキーバインドなどのゲーム内のオプションにもアクセスできる。
ゲーム起動。ちなみにブラウザベースだがWindowモードならブラウザに画面が出てそちらでプレイできるっぽい(未確認)がFullscreenにすれば通常のFPSとぶっちゃけ全く同じでブラウザベースだからあれとこれが制限されているということは一切ありませんでした。素晴らしい。どっかの韓国のFPSも見習って欲しい。
設定可能な項目はQuake3と同じで、設定できない項目があって困ることはありませんでした。自分はY軸反転派で以前名前忘れたけどブラウザベースのFPSがあって、それはy軸反転設定できなくてロクにプレイできなかったことがありました。QLではもちろん可能。

無題_

設定完了して一応チュートリアルをプレイ。操作方法やアイテムの説明が始まって、終わったらインストラクターとの1対1のデスマッチ開始。この相手は最初は壁越しに位置が見える、歩きのみとかなり手加減状態で始まるのだけど、徐々に強くなっていって最終的に実践さながらの強さになる。これでおそらく初期の実力計測を行っているのだろう。

その後は適当な鯖に入ってプレイ。ところが

名称未設定-2

Pingが悪くてお話になりませんでした。撃った瞬間着弾するショットガンが1秒後に着弾する有様。まあ、鯖がアメリカのみだからね・・・にしても350付近とは。うーんそれ以外の出来が素晴らしいだけに非常に残念。
一応BOTも使えるという充実っぷりなのでBOTとプレイすれば問題はありません。

あと気になったのは、やっぱり平均レベル高い。これはクローズド抜けたらシステム上ある程度改善されるのかもしれないけど現時点では自分より上の実力の人しかいない感じ。(まあPing悪い状態だからなんとも言えないけど)そりゃクローズドなんだしウチみたいなヘタレはしませんわな・・・

まとめ:Ping以外は総合的に素晴らしいです。 
[ 2009/02/19 20:49 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lambda491.blog5.fc2.com/tb.php/46-086ee7eb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。