スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネット犯罪の手口を見てセキュリティ意識を高める 

サイバー犯罪者たちの告白 | TREND MICRO
http://www.trendmicro.co.jp/kokuhaku/#/top


トレンドマイクロがネット犯罪の事例をムービーで紹介。ハッカー役の人の演技が若干イタイけど、非常に参考になる。


(ハッカーって間違った言葉らしいね、実際にウィルスをばら撒いたり進入する人はクラッカーって呼ぶそうな。まあここではハッカーで。)


ウィルスへの対策をしたいとか、個人情報流出が怖いとか、セキュリティ意識を高めるには、やっぱりどうやってウィルスに感染させるかとか、どうやって進入するかに詳しくなるのが一番だと思う。一番詳しいのはやってる本人だし。実際に海外では、セキュリティの企業が優秀なハッカーを引き抜いたりする、って話を聞いたこともある。

ニュースなんかでこういう話が出てくると、大抵パソコン苦手な人向けの話になってるから抽象的過ぎて、結局よくわからないけど高いウィルス対策ソフトいれとけばいいよねっていう結論に大抵の人はなるんですよね。(で、OSクラッシュしたぐらいで訳もわからずにウィルスだウィルスだと騒いだりする)
そういう人が本当に多い。

ニュースといえば一時期のWinny騒ぎはひどかった、Winny自体はウィルスじゃねえっての。これもWinnyがどんだけアングラなものか知らずに使ってた、セキュリティ意識のかけらもない一般人が異常なまでに大勢いたっていうのがあるんじゃないかと。


上に張ったサイトはトレンドマイクロのサイトなんで「ウィルスバスター入れればすべて解決」みたいな結論になってますが、ウィルス対策ソフト入れてるからって本人の意識が足りないと安心ではないと思ってます。

情報通になるまではしなくてもいいけど、フィッシング詐欺とかウィルス入れようとする怪しいリンクに常に気をつけたり、どういうパターンで来るかちょっとは知っておくべき。じゃないとウイバス入れてても個人情報抜かれますよ、ということ。

それにウィルス対策ソフトも基本的に後手ですからね。まあほとんど一瞬後手って感じだけど。


つーわけでAdobe ReaderとFlashのアップデートしてない人はやっときましょう。

セキュリティ通信|セキュリティ関連ニュース 国内のサイト複数が改ざん~早急にDirectShowの脆弱性回避策の適用を
http://www.so-net.ne.jp/security/news/view.cgi?type=2&no=1946
[ 2009/07/13 19:57 ] PC、ネット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lambda491.blog5.fc2.com/tb.php/214-fc9e4b9f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。