スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Last.fm はじめました 




Lambda_ ミュージック・プロフィール – Users at Last.fm
http://www.lastfm.jp/user/Lambda_

Last.fmは聞いてる音楽の情報をオンライン共有して、似た曲を聴く他の人がどんな曲を
聴いてるかとか、オススメ曲を集めてきてラジオみたく再生したりとかができるWebサービスらしい。
なにやら評判いいようだし、普段自分が音楽聞く環境では全てLast.fmに情報送信できる
ようなので、導入してみた。

導入にかなり手こずったので、やり方を自分なりにまとめておこうと思う。


・Last.fm scroblerを入れる

有名どころの音楽プレイヤーを使っている(WMP、iTunes、Winampなど)なら、Last.fm scrobbler
ダウンロードしてインストールし、ウィザードの手順に従うだけでよい。
これだけで音楽情報の送信(scrobble)も、オススメの音楽の再生も可能だと思う。

自分はMediaMonkeyというプレイヤーを使っているのですが、これには公式でscrobble用の
プラグインが提供されてない。サードパーティ製のプラグインがあるのでそっちを使うわけ
ですが、単体で通信するのでLast.fm scroblerを起動してなくてもいいみたい。


・MediaMonkeyにプラグインを入れる

ググるとまずVer3.0x用のプラグインのインストール解説が出るんですが、自分の環境の場合
この方法だとうまくscrobbleできなかった。
なのでまず、3.0xのMediaMonkeyを使ってる場合Forumから3.1xベータ版を落としてインストール。
その後、3.1x用の最新のプラグインを入れる必要があった。

落としたmmipファイルをダブルクリックしてインストール。
「ツール→オプション」から 「ライブラリ」のツリーの下のほうにある「Last.fmサービス」を選び
ログイン情報を入れる。
あとは音楽を再生して、再びプラグインのオプションを開き、「ログファイル」の項目に曲名が
出てればうまく通信できているはずだ。

・Windows Mobile (MortPlayerを使用)の場合

MortPlayer側に設定項目は無く、代わりにPocket Scrobblerを導入する。
起動後Menuから「Enter Account data」を選びログイン情報を入力。
更に「Media player interfaces」をDefault media player interfaceに。
定額接続環境なら「Scrobbling options」から「Scrobble every track instantly (すぐにトラックを
Scrobbleする)」にしといた方がいいかも。
あとは普段どおり音楽を再生すれば自動的にPocket Scrobblerが立ち上がりScrobbleしてくれる
はず。
TCPMPや、WMPでもできるらしいが、そっちは未確認。

・使ってみた感想

今のところは音楽の幅を広げるというよりは、家でも外でも聴いた音楽の統計情報を共有して
見れるようになって便利だなー、という感じ。WMPならライブラリの共有とかもできたんですが、
家でWMP使わないっすからねえ。
データが溜まってきたら、少しオススメアーティストの情報とかも使ってみようかと思います。
というか、アイマスの曲ばっかり聴いてても大丈夫なんでしょうかこれ。
[ 2009/04/16 06:11 ] PC、ネット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lambda491.blog5.fc2.com/tb.php/142-033ccb55


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。