スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Steelseries Ikari Opticalを比較的頑張ってレビュー 

最初にちょっと一言。
たろうP様、コメントしてくださったのに今日まで気がつかなくてマジごめんなさい。

Image_00027.jpg

マウス届きました。Ikariですよ!Ikari!
3年ぶりのマウスなのでやや興奮してますが
張り切って感想書いちゃいますよ。
画像いっぱいなので続きを読むからどうぞ。
という訳で、SteelseriesのIkari Opticalを買ってみました。
使ってみた感想なんかを比較画像とか出しながら書いていこうと思います
携帯のカメラだし写真撮るのヘタなので一部ピンボケしてますが。

Image_00036.jpg

持ってみたところ。
まず持ってみるとかなり面妖な形をしてる割には手にしっかりフィットして持ちやすいです。
やはり左右のエラというかスカートが特徴的で、しっかり指に当ってフィットします。
あと中指が乗る右ボタンが若干長くなってるのも特徴。

追記:指表面のグリップ力の状態によってはマウスが手から滑り落ちる感じで持ちづらくなる。
G7とかでは薬指の上辺りに若干出っ張りがあってそれが引っかかって持ち上げやすくなっていたが
Ikariには無いっぽい。グリップを上げるシールなどが別途必要かも。


Image_00043.jpg

分かりづらいけど右側の指を当てる部分は溝があって指はこんな感じになる。


Image_00039.jpg

サイドボタン。きちんと持つとちゃんと親指の上にくる。
でも気になったのが後ろの部分がG7に比べて長いので、マウスを下げる時に
手のひらにかなりゴツゴツ当るのが気になる。そのおかげでかなり浅く持っちゃって
奥のサイドボタンまでは指が届かなってしまう。これは慣れればなんとかなるのかなぁ。
それとリフトオブディスタンスが長いのもあるかもしれない。大分違和感がある。

自分はかぶせ持ちで、Ikariは形状的につまみ持ちできないみたいな事を言われたけど
意外とそうでもないかも。
つまみ持ちしたことないんで合ってるかどうか分かんないんですが、それでも薬指小指が
溝にフィットして持ち上げやすい気がする。
というか、マウス下げる時に手のひらを浮かすと下げやすいからつまみ持ちに目覚めて
しまいそう。


無題

ホイール下のボタンでCPIの切り替えができる。400/800/1600CPIの中から
2つを選んで使うことが出来、付属CDのソフト(↑のスクショ)でどのCPIを使うか
を設定できる。この設定はマウスの中に保存されるので一度好みのものに
設定しておけば出先でソフト入れたり設定しなおしたりしなくていいらしい。

この付属ソフトはCPI設定をするためだけのもので、常駐もなしのシンプル仕様。
細かいキーバインド等はできないですがこの仕様は鬱陶しくない分いい感じ。

(ちなみに、800/1600CPIの組み合わせで使うとCPI切り替えに0.3秒ほど
時間がかかるようになる。仕様上仕方ないのだろうか。まあ切り替えとか
しないだろうからどうでもいいですけど。)


他には、まずホイール。カリカリ感は軽めだけどちゃんと回して分かるレベル。
音が殆どしないのがGood。表面は黒色のゴムかシリコンでギザギザが付いてる。
チルトホイールは無し。


ケーブルは布の被服がされているタイプでとても柔らかく、一番の懸念事項だった
ケーブルでマウスが押し戻されるというのは殆ど感じられない。(0ではないけど)
職場で使わされているDELL製品の付属マウスはケーブルに針金が入っているかの
ように硬い。アレとは雲泥の差である。


Image_00046.jpg

線のせいで操作が制限されるのはどうしても嫌だったので、コードホルダーも買って
みたんですがこれは見ての通り特殊でもなんでもなくただその場にコードの一点を
固定するだけみたい。テープでコードを固定しても大体同じみたいで、特にただ使う
だけでコードの違和感が無くなるという代物ではないみたい。

ただ、今のところ設置位置がいいみたいでコードの違和感がほぼ0になっているので
このまま使ってみる事にしようと思う。


Image_00044.jpg

ついでに付属していたマウスパッド(Qck mini)も。
大きさはこんな感じで確かminiは通常の半分サイズだと思うんですが、それでも今使ってて
買った当初は結構デケエと思ったcorepad originalと大体同じぐらいの大きさ。

使った感じは、滑りは悪いが思っていたほどでは無く、止まりはcorepadと比べて明らかに
よく止まるのが分かる。滑り重視ならcorepad、止まり重視ならQckという感じ。

でも、気になったのはマウスをほんのわずかだけ動かしたときに思うように動かないこと。
ハイセンシなもんでこの「ほんのわずかに動かす」ってのが重要になることもあるので、
使用は見送りにしました。
他にはニオイはするけどそこまで気にならない。汗吸ったりするとどうなるんだろうなぁ。


外観とか。

Image_00065.jpg

上面から。Ikariはくの字型ですがちゃんと右手用。エイみたいなダイヤ型してますね。
G7は上からだと整って見えます。


Image_00056.jpg

尻。


Image_00058.jpg

左側面。Ikariの方が平らで長い。G7は親指部分の溝が深い。サイドボタンの位置は大体同じ?


Image_00060.jpg

あたま。G7は傾斜がある。Ikariは思ったほど傾斜が無かった。写真のせいかも。
あと右ボタンが長い。


Image_00062.jpg

右側面。Ikariは溝が特徴的。G7の方が丸っこいのが分かりやすい。


総評:
今のところコードも気にならないし、持ちやすいしかなり気に入ってます。
問題は不良が多いらしいのでこれから先おかしくならなければいいんですが。
有線使ってもこんなものなら、今後は有線マウスも視野に入れて選べますね。

Qck miniはイマイチだったけど、布パッド自体はそこまで毛嫌いしなくても
いけそうなのが分かった。

コードホルダーはちょっと期待はずれ?そういえばバンジーってのもあるけどあれも
似たようなものなのかなぁ。
[ 2009/03/30 23:09 ] PC、ネット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lambda491.blog5.fc2.com/tb.php/125-c9da0224


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。